不動産

賃貸の価格の仕組みを知って賢く住宅を借りる|気になるお得物件探し

スムーズなマンション選び

案内

都内などの場合は様々な一人暮らし用マンションがあります。家賃などは地域やマンションの設備などによって変わってくるのでマンションの設備や地域などの条件は明確にしておきましょう。

お得に滞在

家

賃貸住宅を借りる際には目的に合わせて借りることが出来ます。出張や転勤などの場合は長期滞在型物件であるマンスリーマンションやウィークリーマンションなどを利用すると非常に便利でお得です。

手続きも簡単

一軒家

マンスリーマンションは比較的利用しやすい物件となっていて、ビジネスなどで出張する際の短期滞在に適した物件となっています。一般的な賃貸住宅に比べて手続きが簡単なのも魅力的です。

賃料について知る

集合住宅

賃貸住宅の賃料の傾向について理解して物件を選ぶ

一見同じような間取りに見える賃貸住宅物件でも賃料が高い所もあれば、低い所もあります。この賃料の違いは多くの要素が絡んでいますが、それらについて知っておけば賃料の傾向も見えてきて、より賃貸住宅選びが捗ります。 賃貸住宅の賃料に影響するものとして、まず築年数があります。築浅物件といった言葉あるように、築年数が浅い方が当然物件も人気があり、賃料も高くなります。逆に築年数が30年、40年と経過している賃貸住宅となると資産価値も激減しているため、賃料も安く一戸建の賃貸でも場合によっては月額5万円程度の物件もあります。 また物件の間取りや設備、内装も当然賃料に影響します。間取りや広くて設備が新しく、内装も綺麗ならばその分賃料は上がる傾向があります。また、エリアなどによっても賃料が大きく変わってきます。新宿などのエリアの場合は駅が違い物件は通勤や通学の際に非常に便利なので駅が遠いエリアよりも賃料が高く設定されることが多いのです。

長屋制度から誕生した賃貸の住まいの歴史と変遷

現代の日本の賃貸住宅は、その端初となるのは、江戸時代の長屋制度からの発展にあります。 江戸時代の幕藩体制の支配下では、土地の所有な認められており、農村なども農民がそれぞれ畑などを所有していました。しかし土地の売買は一部を除いて禁じられており、土地を売却して他に移り住むことができませんでした。 その一部の土地の売買が可能であった地が、都市の町人地です。この地では地主が家守と呼ばれる管理人に土地を預けて住まわせ管理をさせていました。町人地では裕福な商人が、自分の土地に長屋を建てて、そこに賃料を取って住まわせるようになります。この長屋制度による借家の提供が今の賃貸住宅の源流となっており、借家の発展に繋がっていきます。